RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
本日のBGM
ヘイリー・ロレンの「クリスマス・コレクション」です。

ピアノとのデュエットで情緒豊かに歌った珠玉のクリスマス曲。

旧いジャズの魅力と新しいポップ要素を取り入れたスタイルが、彼女のオリジナルらしいです。

落ち着いた色っぽい歌声で、“大人なクリスマス”を演出できるかも。


author:はんな, category:音楽, 16:12
comments(2), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

「Christmas Songs Aoi Teshima」です。

ジブリ映画の「ゲド戦記」や「コクリコ坂から」のテーマ曲でおなじみの手嶌葵さんによる全編英語のクリスマスソング集です。

まるでキャンドルの灯りのように、ほんわか暖かい歌声に、ほっと癒されます。


author:はんな, category:音楽, 19:33
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

映画『マグノリア』のサウンドトラックです。

映画は、L.A.郊外のある1日、10数人の男女が織りなす人生模様を綴った群像劇、複数ストーリー同時進行型です。そこに出てくる登場人物すべてが、どうにもならない危機迫った、救いのない状況に面していて、解決方法も見出せないままラストに突入するのですが、ラストに待ち受けるのが、想像も絶する天変地異で…。

映画を観終わったあとは、一体何だったのだろう?とストーリーを理解することができませんでしたが、時間が経つごとに、あぁ、もしかしてこういうことが言いたかったのだろうかと思い、強く印象に残る映画でした。

サントラは、映画を観終わった当初から、文句なしに素晴らしいと思いました。

実は、映画のストーリーは、音楽を担当したエイミー・マンの楽曲の世界観を元に構成されています。メロディーもさることながら、絶望を感じさせる独特な歌詞にも心を揺さぶられます。



author:はんな, category:音楽, 17:17
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM
映画『アイ・アム・サム』のサウンドトラックです。

映画『アイ・アム・サム』は、知能障害というハンデを抱えながら、娘の養育権を得るため弁護士を雇うサムを主人公にした感動作。

この作品では、サムのビートルズの曲に対する強い思い入れと歌詞から学び取った人生訓や気持ちのあり方というものを素直に信じる心が物語の大きな柱になっているため、サウンドトラックもビートルズのトリビュートアルバムになっています。




author:はんな, category:音楽, 17:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

つじあやのさんの「春は遠き夢の果てに」です。

このアルバムの中の、「たんぽぽ」という歌がとても好きで、購入を決めた1枚です。

ウクレレを弾きながら、素朴な声で唄っているからか、とてもほのぼのした気分になります。


author:はんな, category:音楽, 14:05
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

ノラ・ジョーンズの1stアルバム、「come away with me」です。

落ち着いた癒しの歌声に、木陰でハンモックに揺られているような心地よい気分になります。

先日、途中からでしたが、テレビでノラ・ジョーンズの特集を放映しているのを観ました。

音楽性に悩んだり、公私ともに支えられていたパートナーと決別したり、栄光の裏には、様々な葛藤があるようでした。

11月6日に金沢で、ノラ・ジョーンズのコンサートがあり、行く予定です。ライブでノラの歌声を聴くのを今から楽しみにしています。





author:はんな, category:音楽, 13:06
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

セシル・コルベルの「借りぐらしのアリエッティ サウンドトラック」です。

ご存じ、スタジオジブリ映画のサウンド・トラックです。

映画のストーリーもおとぎ話を連想するような感じでしたが、こちらのサウンドトラックも(特に1曲目)、流れるようなハープの演奏と澄んだ愛らしい歌声(セシル・コルベルは、フランスの歌手で、ハープ奏者でもあるそうです。)で、まるでおとぎの国に迷い込んだかのような感覚になります。


author:はんな, category:音楽, 16:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

手嶌葵さんの「The Rose 〜I Love Cinemas〜」です。

誰もが一度は耳にしたことがある洋画の主題歌を全編英語で収録されています。

手嶌さんと言えば、ジブリ映画「ゲド戦記」の主題歌や、同じくジブリの「コクリコ坂から」の主題歌、挿入歌でも知られています。(「コクリコ坂から 歌集」というCDも持っています。)

「The Rose」のなかに収録されている「Calling You」は、元々、個人的に好きな曲です。(この曲が主題歌の「バグダッド・カフェ」のサントラも持っています。)オリジナルが好きだとカバーもとても気になり、購入することが多々あります。

手嶌さんの歌声は、例えて言うなら、ふわふわとした羽毛をそっと両手で受け止めるような優しい歌声で、とても心地よく聴くことができる1枚です。

※こちらのCDは、店内で視聴できます。お気軽にお申し付け下さい。



author:はんな, category:音楽, 18:30
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

兄弟ピアノ・ユニット、レフレールの「ピアノ・ブレイカー スペシャル・エディション」です。

箱を開けると、音楽が溢れ出てきたかのような、陽気で楽しい2枚組です。


author:はんな, category:音楽, 18:29
comments(0), trackbacks(0), pookmark
本日のBGM

KENNY JAMES TRIOの「ジャズで聴く 桑田佳祐 作品集」です。

桑田佳祐さんが作曲された名曲が、しっとりとしたジャズヴァージョンに仕上げられています。

私にとって、ジャズと言いますと、今まで、夜に聴くというイメージがありましたが、今日、開店と同時にかけてみると、案外、晴天のお昼間にも合うなぁと思いました。恐らく、どっしりと重みのあるジャズではなく、軽快さが感じられるタイプのジャズだからではないかと思います。



author:はんな, category:音楽, 14:14
comments(0), trackbacks(0), pookmark