RSS | ATOM | SEARCH
芸術と科学のあいだ

福岡伸一さんの『芸術と科学のあいだ』を読みました。

 

(あらすじ)

 

『生物と無生物のあいだ』『動的平衡』の著者が科学の言葉で解き明かす、芸術深読み論。

日本経済新聞で連載された人気コラム、待望の書籍化!

(帯より)

 

 

(感想)

 

芸術と科学のあいだには、相通ずる事柄が多々あるということを本書を読むことでまざまざと感じることができました。

 

芸術家としてあまりにも有名なレオナルド・ダ・ヴィンチが科学にも秀でていたということは知っていましたが、科学の知識が創作活動に果たしてどれだけ影響を及ぼすのか、芸術と科学のあいだには何か関連性があるのだろうかと長年漠然と疑問に思っていましたが、その謎が解けたように思います。

 

芸術と科学に限らず、何かを突き詰めると行き着くところは同じなのかもしれないと思いました。

 

 

※こちらの本は、店内での閲覧、貸し出し可能です。

 

 

 

 

 

author:はんな, category:, 18:02
comments(0), trackbacks(0), pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:02
-, -, pookmark
Comment









Trackback
url: http://hira301302.jugem.jp/trackback/1328